" /> 航大二次身体B脳波で落ちてもパイロットを諦めたくない人への手紙⑨ | ネバギバ敏郎ブログ

航大二次身体B脳波で落ちてもパイロットを諦めたくない人への手紙⑨

⑨身体検査対策

航大二次身体B脳波で落ちてもパイロットを諦めたくない人への手紙⑨

航大二次身体検査B(脳波のみ)は今の所、不合格を喰らうと航大を二度と受験できないルールです。
今日そんな身体Bの不合格を喰らってしまったシーサー君と少しやり取りしながら、急遽医学生のネバ生の助けも借りて記事を書いたりしました。 
シーサー君とのやり取りをそのままコピペして、R5以降同じ境遇になってしまう航大受験生の参考になればと思いました。

シーサー君

ネバギバ敏郎様

いつも大変お世話になっております。しーさーです。
先ほど航大HPで2次の結果を確認しましたところ、
合格することはできませんでした。
正直、まだ受け入れることができていませんし、
今後どうするかも考えがまとまりません…。
このような形で受験が終わるとは思いませんでしたが、
敏郎さんをはじめ、ここまで支えていただいた方たちには
感謝してもしきれません。

お忙しいところ2次セミナー面接練習をしていただき、
ありがとうございました。
(個人的には3次試験の救済措置に向けて動いていただいたのが本当に嬉しかったです。)

まずは自分の中で結果を整理して、次のアクションを考えます。
またご相談させていただくこともあるかと思いますが、その際は何卒よろしくお願いいたします。
取り急ぎ、2次試験の結果をご報告いたします。

ありがとうございました。

ネバギバ

了解
ズームでもメールでもいつでも来てください。
ネバ

シーサー君

ネバギバ敏郎様
お世話になっております。
お忙しいところご連絡いただき、ありがとうございました。
現時点ではまだパイロットを諦めきれていないです
私大や自費は経済的に厳しいですし、自社養成の既卒枠や官公庁(海上保安庁など)を視野に入れて挑戦は続けたいと考えています。
(もちろんパイロット以外の選択肢も考えていますが、今のところパイロット優勢です。)
自社養成の場合は就業していないことが条件に入ると思いますし、今後のことは両親とも相談して、情報を集めてながら判断しようと思います。
とはいえ、現在の語学スキルでは到底太刀打ちできないので、まずはそちらですね笑

今日からできることをコツコツ続けます。
また何かありましたら、ご連絡させていただきます。
その際はよろしくお願いいたします。
ご多忙かと存じますので、返信はお気遣いなさいませんようお願いいたします。

ネバギバ

海上保安庁パイロット職 受験情報【音声50分】↑ネバ生のみです。m(__)m

航大の脳波で落ちる人が自社養成の脳波を通る可能性は、、、、、 就業はANAだけの条件、、、、

就業してくださ

シーサー君自信の為にも、日本の為にも、就業が圧倒的に正解だと僕は思います。

シーサー君

ネバギバ敏郎様
ご連絡ありがとうございます。
やはり、自社養成は難しいですか…。
海上保安庁は目指していた時期もあるので、こちらメインで考えます。
就業に関しては、メールの後で両親に話しても同じことを言われました。笑
ご連絡ありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたします。

※自社養成が一概に難しいとは、脳波の状態によるので、このタイミングで急遽医学生に問い合わせました。

ネバギバ

学力的・科目的には保安庁は今でも受かる。
自社養成は結局脳波で跳ねられるかもしれないけど、まずは英語をやるのみ。
結局、就職しながらトライはできる。
それで脳波まで行って落ちたら諦めれば良いだけ、 結構シンプルだと思う

シーサー君

ネバギバ敏郎様
ありがとうございます。
脳波検査前に、他の機関で異常なしでも航大では弾かれることがあると説明されました。

2次Bは開示しても合否結果のみで、実際の脳波のグラフ?は開示されないらしいので真相はわかりませんが、記事の内容でなんとなく納得できた気がします。

就業してください!

だいたいパイロットをマジで目指す段階で、その人は他の人より気合入っちゃってる可能性が高いことは、この1~2年で誰よりも感じて来ましたし、そんな人が何か壁にぶつかると『何が何でも、やってやる!たとえ普通に社会人できなくても、プー太郎してひたすら勉強することになっても、、、』という気持ちになり易い。

で~も~ね~

就業してください!
就業してください !
就業してください !
就業してください !
巣を出てください、巣立ってください!
海に出てください、荒海が圧倒的に人を成長させます!

【未就業の状態じゃないと受験できない】みたいな間抜けで、意味不明で、『ちょっと有り得ないんですけどぉ~』みたいなルールを作って、日本の未来を背負う有望な若者の社会人への入り口をイビツにするのは、どこの航空会社も絶対にやめてください。(笑) ※JALは問題ない、じゃーどこ?

脳波落ち武者用オープンチャットも作りました!誰でも入れます!

【航大脳波落ち武者会】というオープンチャット作りました。

R4で落ちたネバ生3名自身、この記事を見たR4脳波落ち武者の人、来年R5の脳波落ち武者ネバ生の為にも何かコメントを残して欲しいと思います。

ここまで来るのに誰よりも頑張って来た人達なので、 キッチリ調べ切って、納得して【Pの世界】に残る・残らないの判断をして欲しいと思います。

2022年5月30日 シーサー君からの久しぶりの連絡が来ました

脳波検査の結果と今後についてのご連絡(しーさー)

ネバギバ敏郎 様
ご無沙汰しております。しーさーです。しばらくご連絡しておらず、大変申し訳ございません。
海保の航空課程を受けるにあたり、4月中に脳波検査を受けていました。航空身体検査の指定機関ではなく、一般の脳神経外科です。
結果としましては「異状なし」でした。ただし、パイロットの適性検査としてどのように判断されるかはその先生はわからないとのことで、あくまで病気としては異状なしとのことでした。
(脳に異常がない人でもまれに異常な脳波が出ることがあるので、今回はそれにあたってしまった可能性もあるのではないか、とのことでした。)

異常なしだったので海保の航空過程も少し安心して受験できると思っていたのですが、検査結果がわかってから「挑戦したい」という気持ちがプッツリと気持ちが切れてしまいました。航大受験は本気で取り組んでいましたし、生半可な覚悟でパイロットを目指したわけではありませんので、どうして気持ちが切れてしまったのかはわかりません。
この気持ちの変わりように自分でも驚き、1か月間悩みましたが、この度パイロットへの挑戦を断念することにしました。
今でも飛行機を見るたびに悔しい思いが湧いてくるので、未練がまったくないわけではありません。それでも、本気で挑戦したことに対する充実感があったので、うまく気持ちが切り替えられていると思っています。今後はパイロットから離れ、別の分野で頑張っていきます。

最後になりましたが、今まで本当にありがとうございました。受験生活を支えていただき、あるいはモチベーションを上げてくださった敏郎さんや家族、他の受験生には感謝してもしきれません。
いつか敏郎さんやネバ生の皆さんが操縦する航空機に搭乗する日がくるかと思うと、とても楽しみです!皆さまのご活躍を陰ながら応援しております。
ご多忙かと存じますが、ご無理なさらず、どうかご自愛くださいませ。また、返信はお気遣いなさいませんようお願い申し上げます。

悩みシリーズはコチラ

シリーズもお陰様?で10記事を超えてきました。 
全部見る人はサイト内検索で『手紙』を入れて検索して読んでください。

自社養成や航大に落ちた後、私大操縦学科への一年次入学を考え始めた人達への手紙④

航大卒業後、就職を期待しながら一年以上【ニート】してる人達への手紙⑤

院進?それとも就職? 留年・休学もアリ? パイロットを目指す学生の悩み

コメント

タイトルとURLをコピーしました