本気度別?JAL自社養成の身体検査対策!『いつから?どこまで対策する?』

⑧身体検査対策

本気度別?JAL自社養成の身体検査対策!『いつから?どこまで対策する?』

突然ですが、世の中全てバランスです。

もしかしたら芸能人みたいに歯を矯正して、ホワイトニングして、ついでに整形手術してイケメン風にした方が【面接での印象】が良くなるかもしれませんが、ソコまでするのに時間と金がかかり過ぎます。

芸能人を目指すならやるべきかもしれませんが、パイロットを目指す人がやった方が良いか?と言われると、時間とお金とのバランスでやらない人がほとんどだと思います。

自社養成の身体検査対策もコレに似た感じですので、本気度別?金銭感覚別にまとめました。

その前に、JAL自社養成でどんな項目が検査されるかは既に記事になってますよ~
航空身体検査 項目&内容&合格基準&対策【徹底解説】航大・自社養成向け!

本気度:ノーマルな人(全体の93%くらい)

ほとんどの人にコチラ程度の対策をおススメします。

まず選考で身体検査まで進めるコトが確定するまで、全く何も対策しません。

そして、身体検査のお誘いが来たら、

  • 記事を読む ※遮眼書字などお金を払わなくても、できる対策はやっておく。※数日間、数回やれば済む程度の対策ばかりです。前日でもイイくらい!
  • もし、今後僕が航大とは別に身体検査対策セミナーとかやってたら、申し込んでもイイかもしれないけど、今の所やってないし、ソコまでやらなくてもいいかもしれない。
  •  ①の記事にも少し書いたかもしれないが、航大の2次試験対策セミナー参加者と講師として来てくれた航大&自社養成合格者の意見を集約すると、視野検査と深視力検査は事前に一回練習しておいた方が良い!だったので、身体検査本番前に眼科かメガネ屋で5000円前後払って練習する。 以上

関連記事:視機能・視力検査【総まとめ】航空身体検査基準解説 航大・自社養成対策

えっ5000円も!無理無理そんな大金を身体検査ごときに、、、と思った【本気度:低め】または【万年金欠激貧状態】の学生さん(全体の1%くらい)はどうする?

別に無理して大金はたいて、視野検査とか行かんでよろし!

『たいして変わらんよ~(笑)』

去年のネバ生から自社養成内定決めた人でも、普通に行ってませんから!!

本気度:アブノーマルに高い(全体の6%くらい)

『合格率1%の採用試験だけど、俺はPになる為に生まれて来たんじゃ―、全てをピッカピカ状態にして史上最高点で内定を勝ち取ってやるんじゃー、整形?まぁやっても良いけどそれより先にやるコトなんかあるならやったるんじゃー!!!!』

みたいな人がいたら、やって欲しいコトは、

当然インターンなどを突破して、その後呼ばれるであろう身体検査から遡って1年以上前にアレルギー検査をしてください。

スギ、ハウスダストなどの血液検査によるアレルギーのチェックだけでなく、耳鼻科の問診を受けてIgE値なども確認してください。

それでもし必要であれば、手術や投薬治療をしてください。アレルギーに関してはピッカピカまで行かなくても許容範囲内に、収められる可能性はあります。

誰に問診を受けるか??詳しくは、僕の記事を読んでください。

えっ問診までなら1~2万円前後もあれば済むんじゃない? 実際に検査してみてアレルギーがあって、その対策で手術が必要かどうかを考える所まではやってみようかな???、アレルギー無いなら無いで安心できるし、、、と思った【本気度:ノーマル】の学生さんはどうする?

自由!(笑)

ただし自社養成の選考で身体検査まで進める人は、そんなに多くないコトは理解しておくべき。
自分がインターンに参加する時に

英語が800点以上あるのか?
英会話の対策は進んでいるのか?
SPIはOKか?
面接は大丈夫か?

を自問して、人によっては
『絶対に行っとくべき!1万円安すぎ!』
と感じるかもしれないし、
『進めるかどうかわからない身体検査の、更にあるかどうかわからないアレルギーの為に1万円は無理』
と感じるかもしれない。

いずれにしても、もしアレルギーを検査するのであれば半年~1年以上前に行かなければ、発見できても治療に時間がかかるので、意味がなくなります。

この記事を読んでるのが選考直前で、しかもその選考が自分の人生で最後の自社養成選考だと考えるのであれば、アレルギー検査まではやらなくて良いと思います。

『そもそも僕航大・私大も挑戦する予定です』という学生さんは?

自社養成挑戦組には基本的に【アレルギーまでは不要】と考えますが、

航大挑戦組にはアレルギーまで全部やっておくコトをおススメします。

理由は他でも書いてますが、自社養成がほぼ【英語と面接】という、頑張って時間を使っても人生の無駄にならないコトが合格への鍵ですが、航大は【総合Ⅰ、数学、物理】などの頑張るコトが今後の人生のプラスにほとんどならない科目が多く。そこに自分の大量の時間を投入する前に『そもそもアレルギーとか身体検査とか大丈夫か?』をチェックするのは当然のリスク管理です。

身体検査をどこまでやるか?が決まった人は何する?

ひたすら英語に没頭されよ!

そして面接が苦手だなぁと思う人は僕の所に来られよ!
※急に来ても受け入れられないので、時間に余裕を持って来られよ!(一年前じゃなくて良い)

JAL自社養成についての総まとめ的な記事はコチラ

日本航空(JAL)自社養成パイロット就職活動 全部まとめてQ&A

航大の再検査項目を見ると、JAL自社養成の再検査についても見えてくるよ!

航大二次試験【航空身体検査】再検査項目⑦年分仕分け!再検査率は?引っ掛かる項目は?

航空大学校についての総まとめ的な記事はコチラ

航空大学校入試対策!全部まとめてQ&A 確実にパイロットになるには?

私大の学生さんバージョンも軽く記事にしました。

私大パイロット学科学生用!【就活時航空身体検査対策】

コメント

タイトルとURLをコピーしました