パイロットの志望動機|お手本例文のNGポイントを徹底再添削

個別質問②中級

パイロットの志望動機|お手本例文のNGポイントを徹底再添削

まず最初に説明しておきますが、コレから検索上位の就活サイトにある例文のNGポイントをあーだこーだと解説していきます。

まぁとにかく【お手本例文】とされている例文の不足部分や欠点を、僕がもし見つけられて、指摘できて、納得のいく解説が付け加えられるのであれば、それはきっと少しでもレベルの高い【パイロットの志望動機】をブチかまそうと考えている読者さんのプラスになるハズです。

ブログを一年以上書いてきてわかったのですが、検索順位を上げる方法も色々あるし、YOUTUBEなんかを見れば気づくと思うけど、とにかくクリックをさせるコトや一度クリックしたらできるだけ読者が離脱しないコトに主眼があって、読者の為でなくサイトの為に記事を作ってるサイトも結構多い。

【検索上位⇒権威があって正しくて支持されている】では無い!コトを理解しながらネットは使ってください。

  1. さっそく1本目!!
    1. 批判① 誰が書いたかわからない、全く個人を特定できる情報が入っていない文になってる。
    2. 改善策① 自分を中心部分に近い内容を書く為に字数を使おう
    3. 改善策② 書かなくても良い説明部分は削る
    4. 改善策③ 文中にある【達成感】を活かすバージョン
    5. 改善策④ 文中にある【目標達成のために努力を惜しまない】を活かすバージョン
  2. 2本目
    1. 批評① まぁまぁイイじゃん
    2. 改善点① 【持つ能力】⇒【伸ばしてきた能力】にしたいが、、、
    3. 改善点② 【長期戦】
    4. 改善点③ 体力、筋力、精神力、判断力 が並列的に出てきてるのがアカン
    5. 改善点④ 【予期せぬトラブルにおいて最善の判断が求められるパイロット】(笑)
    6. 改善策⑤ 気象予報士持ってる奴はほとんどいないから、焦らなくてイイよ!
  3. 3本目
    1. 批判① 例文①同様で、誰が書いても誰が出しても良い全然ダメな作文です。
    2. 批判② 後半も酷い ひたすら静的表現の連続
    3. 批判③ 例文に対するライターのコメントも酷い
    4. 改善点① ここまで具体的なアクションがない作文は添削しにくいけど、、、、
    5. 改善点② 予行演習を無理矢理使うなら、、、
  4. 最後に例文を提供してくれた就活サイトにお礼を言おう!
    1. ちなみに~この記事を2021年11月25日に最終版として完成させてから4日後の29日現在『パイロット 志望動機 NG』で検索すると既に肉薄(笑) 予想通りです。
  5. 志望動機だけはシッカリ刺して面接を終えよう!パターン別解説してます

さっそく1本目!!

批判① 誰が書いたかわからない、全く個人を特定できる情報が入っていない文になってる。

このお手本例文をそのままコピペしてESとして提出できますか? 去年自社養成を受けた先輩に相談したら、コレそのままコピペで出しとけって言われて出せますか?
⇒出せちゃいます。形になっちゃいます。

『じゃーイイじゃん』ではないです。『だからダメじゃん』だという事に気づいてください。

改善策① 自分を中心部分に近い内容を書く為に字数を使おう

刺さる!パイロットの志望動機 【自社養成・航大・私大】 面接対策の記事でも【憧れ】は、他の仕事が世の中に沢山あるのに何でパイロットなの?に答える、絞り込む為のダメ押しというか【補足・フリカケ】としてなら使ってもイイけどメインでは使ってはダメだよ!と書いています。

①自分が学生時代に伸びて来た・成長してきたトピック
⇒ガクチカ【過去のストーリー】

②自分が学生時代に新たに見つけて来た未来を力強く生き抜くための指標
⇒目標意識【未来のストーリー】

【憧れ】は①でも②でもありません。自分の面接で表現した中心部分ではない外側の部分です。全然成長していない部分です。

※面接で【長所】と言えば【(半意識的or意識的に)伸ばして来た長所】を語ってください。【短所】と言えば【伸ばして来た、リカバリ―できてきた短所】を語ってください。長所・短所だけでなく面接では全て伸びて成長して変化してきた部分を語ってください。【憧れ】は変化せずにずっと心の中にあります。もし伸びて来たとしても無意識に伸びたモノです。基本的には面接で話す内容としての条件を満たしていません。


このお手本文の中で一番具体的な記述はどこでしょうか?
『鉄や合金~~飛行できるのか』辺りです。

例文くらいの長さの作文であれば、どうしても1~2か所は具体的な記述を入れないと超眠くなる作文にしかなりません。
この例文では、自分の中心から遠い部分の話で伸びて来た部分でもない【憧れ】を具体的に説明する為に字数を割いていて、その後イキナリ超抽象的な【やりがい】とか使ってます。

自分の中心部分に近いトピックを使っていれば、【どういうやりがい】なのかをピタッと説明できるかも???と思います。 ※基本的に【やりがい】という単語も漠然とした抽象度の高い言葉なのでESではギリOKだけど面接では避けたい言葉です。

改善策② 書かなくても良い説明部分は削る

【そんな航空機を操縦するパイロット】は【パイロット】にしてください。
※ついでに【とてもやりがい】は【やりがい】でイイよ

パイロットは航空機を操縦する職業だと辞書に書かれています。アホっぽくなりますので、無条件に削ります。余った字数は自分を具体的に記述する部分に回します。

【パイロットには厳しい教育課程が設けられており】は【パイロットは】にしてください。
※ついでに【決して容易ではない】は【容易ではない】でイイよ

以前【長所・短所】【 良い面・悪い面】を両方言って下さい 『ポジネガ問題』解法という記事を書きましたが、①②③④⑤の②の部分がこういったツマラナイ記述になり易いです。

例えば『パイロットに向いてる部分と向いてない部分は?』という質問に対して『パイロットには厳しい教育課程が設けられており、自分の忍耐力がある部分は活かせると思います。反対に向いてない部分としては、、、、、、』となります。

この場合も【パイロットには厳しい教育課程が設けられており】の部分は、自分の過去のストーリーでも無しい、目的意識を語る為に必須なフレーズでも無いです。 
だから眠くなるし、無駄なのです。

改善策③ 文中にある【達成感】を活かすバージョン

まず今まで削ってきた字数を使って、過去に自分が達成感を強く感じたトピックを具体的に書いてください。
高い壁ほど達成感があった話、達成したら違う景色が見えてきた話を書いてください。

そして、最後にきっとそれはパイロットという仕事を通して感じられる達成感に通じる所がある!みたいな感じで刺してください。
自分の過去のストーリーとパイロットという仕事を繋いであげてください。
それが刺すというコトです。

そして、その時にパイロットという職業について、クドクドと説明してはイケません。
自分の過去のストーリーで字数を徹底的に埋めてください。

※コレは刺さる!パイロットの志望動機 【自社養成・航大・私大】面接対策の記事で言えば、『ガクチカテーマ⇒類似性抜き出し』タイプに少し近いかなぁ~

改善策④ 文中にある【目標達成のために努力を惜しまない】を活かすバージョン

尊敬する人や、人生全般に関する高い目標意識から攻められます。

まず、尊敬する人を決めます。
その人から、その人が【目標達成のために努力を惜しまない人】であったトピックを抜き出します。
そして、自分の人生の目標は彼の様に【目標達成の為に努力を惜しまない人】になるコトだとします。
この辺りを前半に自分の未来の目標意識として書きます。

そして、最後に【理想のパイロット像】を目指すコトが【目標達成の為に努力を惜しまない人になる】という自分の人生の目標を達成するコトに繋がると主張すれば良いのです。

※ コレは刺さる!パイロットの志望動機 【自社養成・航大・私大】面接対策の記事で言えば、 完全に『突き抜けた人生の目標から降臨』タイプです。

2本目

批評① まぁまぁイイじゃん

『長期戦~~、、、、、、、判断力』までの2行が自分の過去のストーリーが(やや具体的に)語られているので眠くはない(笑)

刺さる!パイロットの志望動機 【自社養成・航大・私大】 面接対策の記事でいう
『ガクチカ→長所』タイプ や 『ガクチカテーマ→類似性抜き出し』タイプ の感じがするよね。

改善点① 【持つ能力】⇒【伸ばしてきた能力】にしたいが、、、

面接で語る内容は全て伸びてきた部分を語るので『徐々に』『次第に』『気が付くと』『なってきました』『伸ばしてきました』『できる様になってきました』的にしたい。

例文②の【持つ能力】は誰も違和感を持たないけど、僕は【伸ばしてきた能力】に変えたくなる。しかし、2行下に【養いました】が伸ばしてきた感じを付加しているので、OKゾーンに入りました。
【持つ能力】のままでイイです。

改善点② 【長期戦】

一回の試合が長期なのか?一日の練習が長期なのか?シーズンが長期なのか?が不明瞭です。

もしかしたら、ラグビー部の人間はすぐわかる言葉なのかもしれませんが、一般人には???となる言葉なのかも知れません。

ES・面接でこういった業界的常識ワードを無意識に使ってしまう事も多いです。
事前に業界外の人に見て貰って、他の一般的な用語に変えましょう。

例えば、スタバなどでは、【レジ係】【ホール係】などと従来の一般的な用語は使わないらしいですが、面接では絶対にスタバ用語を使わないでください。

【相手が理解しやすい言葉を使わない人⇒コミュニケーション能力の低い人】と評価されますし、もし面接などで、面接官が『〇〇っておっしゃいましたが、それはレジ係のコトですか?』と聞いてくれたとしても『はい、スタバではレジ係のことを〇〇と呼んでいます』と答えた所で全然盛り上がりの無い会話に時間を使うコトになります。

※ネバギバはコレを【マイナスの導火線】と呼んでいます。

面接などでは、話の序盤の【長期戦】で???が面接官の頭に引っ掛かってしまうと、それ以降の部分が頭に入りにくくなります。
最後まで面接官が【マイナスの導火線】に足を取られて転ばない様に整地しておいてください。

改善点③ 体力、筋力、精神力、判断力 が並列的に出てきてるのがアカン

一つの文章に長所が4つ出てます。完全に書き過ぎです。

面接でコレを話した直後に面接官に『私は今4つの力について語りましたが、幾つ覚えていますか?どれが一番私の志望動機に繋がる力ですか?』と聞いて、答えられる面接官がいるでしょうか?

基本長所は1文に1個です。多くても2個、それも出来れば直列的に繋がってる感じのモノにして欲しい。

『(私はラグビーの日本代表にはなっていませんので、元々大した選手ではないですが、、、、)
体力は体が小さいなりに付いてきました。 だけどチーム①という程ではないですが、、、)
筋力も練習実戦と筋トレによってUPしてきました。だけどチーム①という程ではないですが、、)
精神力もキツイ練習をチームメイトと重ねて来たので、UPしました。でもチーム①ではないです、、、)

しかし!~
判断力は高校までやっていたサッカーでの考え方を自分なりに応用して、、、

とか

週二回は社会人チームに参加させてもらって、細かい判断の根拠の見つけ方を、、、

などの自分なりの工夫をしてチームの中ではズバぬけて判断力を伸ばしてこれたと思います。

の様に、ESでも面接でも一番肝となる長所(この場合は志望動機に繋がる長所)だけを強調してくださいね。

改善点④ 【予期せぬトラブルにおいて最善の判断が求められるパイロット】(笑)

例文①の改善策② 【そんな航空機を操縦するパイロット】【パイロットには厳しい教育課程が設けられており】と同様です。

競艇場にいるオヤジに説明するワケじゃないですよね?
航空会社の人事一人とパイロット一人を前に話す時に、このフレーズは良く無いです。

『ゴールまでの道筋を瞬時に導き出す判断力は、パイロットの業務においても活きた力になるのではないか?と考えます』とスッキリさせてください。

やった事がない仕事の想像の話ですから、語尾は『ないか?』くらいでイイです。
どうでもいい部分で断言しても、少しも得点できていませんから(笑)

改善策⑤ 気象予報士持ってる奴はほとんどいないから、焦らなくてイイよ!

イキナリ【気象予報士】って出てきてるけど、就活サイトのライターさんがイメージで書いている文章なので気にして悩まないよーに(笑)

大学生で受かってる奴ほとんどいない!ちゅうか勉強してる奴がほとんどいない!

更に受かっていたとしても、どれだけプラス査定になるかは微妙。
難関の気象予報士に受かる為に私はこういう方法を取りました~的に、【ガクチカ】⇒【長所】を抜き出すために使うならまだしも、例文の様に【気象予報士持ってるから、気象予報士的に貢献できるよ~】はダメな使い方です。

『気象予報士に求められる知識とパイロットに求められる気象の知識は違うのだよ!君!』とパイロットに内心でツッコまれてしまう。

この威張り過ぎた感じをどう爽やかにするかを書きます。

『大学時代は趣味で気象予報士関連の勉強をしていました。言ってみれば机上の空論です。もし運航乗務員職になれたら今までテキストの中だけの知識だったのを実運航を通して予想や答え合わせを繰り返して、【知識】ではなく【知恵】の様なモノに変えていきたいと思います。』みたいな、【低め】かつ【好奇心】をジワジワと出せる文にしてください。

3本目

批判① 例文①同様で、誰が書いても誰が出しても良い全然ダメな作文です。

【不測の事態にも臨機応変に対応できるパイロットになりたいです。】の理由もキッカケも全くなく、イキナリ出てきてソコから話が展開している。

『上空での飛行は、、、、危険が潜んでいる』と本で読みました。

『予期せぬトラブルが発生する事があります』とテレビで見ました。

『しかし、その時パイロットが、、、、、最小限に抑えるコトができるのです』と映画を見て思いました。

座って見ているだけの貴方がソコに描かれています。
面接で話すべき伸びて来た貴方の姿は描かれていません。
どこを具体的に語っちゃっているのでしょうか?

批判② 後半も酷い ひたすら静的表現の連続

『さまざまな状況を想定した予行演習を行いたいと思います。』⇒今はしていません。思うだけです。

『緊張感を持つだけです。意識を忘れないだけです。心がけていきたいと思うだけです。何も行動をしてきませんでしたので、こんな字数を稼いでいる感バリバリの文章しか書けませんでした~』になっちゃってますよね(笑)

まるで締め切りに追われたライターが適当に書いた様な文章になっている(笑)

批判③ 例文に対するライターのコメントも酷い

規定の条件から論理的な結論が導き出せる性質が読み取れる??? 褒めている感じがする、、、、(笑) 

具体的な内容が書かれており????? やる気がある???全く行動していない感バリバリなのに??

改善点① ここまで具体的なアクションがない作文は添削しにくいけど、、、、

自分の学生生活を通して【全然不測の事態に対応できなかったトピック】か【不測の事態に少しは対応できる様になってきたトピック】を探します、僕なら、、、、無ければ、こんな具体的な行動の伴わない文章は破棄して、他の切り口を学生さんと探します。

改善点② 予行演習を無理矢理使うなら、、、

【様々な状況を想定して予行演習しても上手く行かなかったトピック】か【予行演習して少しは上手く出来るようになったトピック】を探します、僕なら、、、、、 無ければ、こんな具体的な行動の伴わない文章は破棄して、他の切り口を学生さんと探します。

最後に例文を提供してくれた就活サイトにお礼を言おう!

『パイロット 志望動機』でググってください。

2021年11月現在 『就活の未来』という就活サイトの『パイロットの志望動機 3つの例文とポイント・NG例を紹介』という記事が検索1位になってます。

今回の記事で取り上げた3つの例文はこの記事内でNG例ではなく、模範例文として取り上げられていた3つの文をNG文として取り上げてみました。※ややこしい(笑)

そんなワケで、あーだこーだ言って来ましたが良い悪いは全て主観なので、皆さんも何が良い志望動機文なのかは主観で決めてください。

ちなみに~この記事を2021年11月25日に最終版として完成させてから4日後の29日現在『パイロット 志望動機 NG』で検索すると既に肉薄(笑) 予想通りです。

志望動機だけはシッカリ刺して面接を終えよう!パターン別解説してます

刺さる!パイロットの志望動機 【自社養成・航大・私大】 面接対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました