" /> 【ロスオブライセンス(LOL)】パイロットの障害所得補償保険(航空身体検査失効時への備え) | ネバギバ敏郎ブログ

【ロスオブライセンス(LOL)】パイロットの障害所得補償保険(航空身体検査失効時への備え)

台湾の航空業界・パイロット事情

【ロスオブライセンス(LOL)】パイロットの障害所得補償保険(航空身体検査失効時への備え)

会社員やフリーランス、主婦の為の障害所得補償保険なども最近は多くの保険会社から売り出されていますが、パイロットの世界にも同様の保険があります。

ただ航空身体検査基準を切るか切らないか?が保険金が出る境目となるので、一般向けの保険とは別でひっそりと販売されています。

加入方法は?

①航空会社が保険会社と組んで、福利厚生的に提供してくれる。
②操縦士協会など経由で自分で入る。

①と② どっちがイイ?

保険商品ですので、どちらが優れているということは、ほぼ無いですが①は会社が全額または一部の保険金を肩代わりしてくれますので、会社にロスオブライセンスがあれば何も考えずに入る!の一択でしょう。

両方入ってる人いる?

例えば月収100万円として、
保険①で100万円分の補償してもらう為の保険金を払う!
保険②でも100万円分の補償してもらう為の保険金を払う!
そして、万が一怪我や病気で仕事が出来ない状態になったら、①と②を足して月200万円ゲット!
とはなりません。

ですから、会社経由の保険①の補償が月50万だけだったりする場合は、じゃー保険②を使ってもう少し補償を付けとこうかな、、、みたいな使い方はあると思います。

細かい条件はどこで見れる?

保険②については、日本航空機操縦士協会(JAPA)のHPから見れます。

人数がある程度多いので団体割引が適用されている様です。

ページの下の方の【JAPA団体保険の保険期間】のすぐ上の『パンフレットはこちら』のリンクから最新パンフレットが見れます。

2022年2月段階で僕がダウンロードしたパンフも貼っておきます

JAPA団体保険のご案内

japa_2022lol

上記保険②を取り扱っている会社はどこ?

株式会社JALUX保険サービス です。

上記保険②を開発している会社はどこ?

いおいニッセイ同和損害保険 です。

オマケ:最近は日本国外の航空会社に勤務する人も保険②に入れて貰えます。

助かってます。

オマケ:日乗連も同様の保険を取り扱っているらしい

でも、今の所はJAPAの方が条件が少し良いみたいです。

日本乗員組合連絡会議(日乗連)とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました