" /> JAL・ANA自社養成にW合格してどちらに就職するかで悩む人達への手紙 | ネバギバ敏郎ブログ

JAL・ANA自社養成にW合格してどちらに就職するかで悩む人達への手紙

ANA就活

JAL・ANA自社養成にW合格してどちらに就職するかで悩む人達への手紙

最近、僕のツイッターに溜まっていたDMをチェックしている最中に少し目に留まった内容のモノがあったので、記事にしてみました。

※ここ1~2年常にDMは溜まった状態で、超遅レス状態が続いています。ゴメリンコよ~

まずはスクショを読んでみてください。

パイロットを目指す学生さん達のほとんどが、航大・私大・自社養成に受かる為に日々ヒーヒー言いながら頑張っていると云うのに、この人はよりによって自社養成両方合格しちゃってるとは!!!そして【JALとANAどちらにしようかしら問題】で一人悩んでいるとは!!!

『なんて小さい悩みなんだ!!一見凄いけど、彼が抱えている問題は他の人と比べて、あまりにも小さすぎるではないか?!! この悩みって、今晩のパーティーに来ていくドレス、赤にしようかしら?それとも青にしようかしら?レベルちゃうのか!!!』

という事でお返事は後回しにして、次に行こうと一度は思いましたが、レアケースではあるので軽めに記事化して、それをもってお返事としましょうか、、ということになりました。

彼の悩みのまとめ

①ANAの方が良さそう(優れていると感じる)

②でもANAの方がコロナで傷んで、訓練投入遅そう(3年ほどの地上勤務が長い)

①②のどちらを優先しようかしら????

ネバギバの答え

①について

JALとANAのどちらが優れているか?については、今この瞬間どっちなのか?
3年前はどっちだったのか?
3年後はどっちなのか?

僕には判断が全く付きません。

今言えるコトは、

どちらも素晴らしい会社で、
どちらも結構大企業病で、
そして、コロナ禍を通して改めて明らかになりましたが、
どちらも大きすぎて潰れない・潰せない会社です。

民間企業でありながら、私鉄や電力会社などと同様に倒産しにくく、たとえ倒産しても会社更生法などで社員は救ってもらえちゃう超安定企業です。

『今はそうでも、30年後には無くなっているかも、、、』
などのツッコミも有り得ますが、そんな先の事は神様でもわかりません。

僕は『どちらが優れているか?』という問いは、安定性という観点からは
『どちらが大きい会社か?』という問いと同義だと思うので、
『30年後はよく分からないけど、5~10年後にどちらの会社が大きい状態になっていそうか?』
くらいの問いを自分に投げかけて判断してみるのが良いのかなぁ~と思います。

②について

訓練投入までの年数については、思い切って忘れることをおススメします。

『3年って超長い!』と感じる人が多いと思いますが、長い時は会社によっては5~6年待った時期もあった様に記憶しています。

小さい航空会社に入って、訓練投入を待っていたら会社が傾いてしまって、訓練投入が永遠に消えてしまった、、、みたいな事もありましたが、JAL・ANAに関しては普通に考えて無いです。

『訓練投入が一年遅れると退職間際の年収で一年差が付くからデカい!!』
みたいな意見もあると思いますが、なんとなく『捕らぬ狸の皮算用』的なにおいもしますし、

何か大きな差がある様に感じますが、良く考えると凄く〇〇の穴の小さい話をしている様にも聞こえてしまいます。

ネバギバの本当の答え

①も②も、どちらも理性で考えて選択肢を比べているので、ピタッと来ないのだと思います。

好きな方の会社に決めたらイイ!と単純に思います。

人間は後付け的に色々理性的な理由を付けて行動していますが、結局何よりも前に【第六感】で結論を決めていませんか?決めてますよね?僕だけか?(笑)

『いやぁ~、僕はJALもANAもどちらも同じくらい好きなんですよねぇ~』
っていう人もいるかも知れない。

でも、自社養成の最終合格まで行く過程の中で、それぞれの会社の企業研究をして、志望理由を練っていく中で、たぶん『なんとなく、ANAの方が志望理由を喋りやすかった、、』とか何か違いがあったハズでは??と思います。

喋りやすかった方の会社が好きな会社で、『そっちに決めたらよろし!』と思います。

『好きじゃない方の会社にして、遠い将来に倒産とか何か酷い事に万が一巻き込まれた時に、滅茶苦茶後悔しないか?』

そんな時に
『あ~入社までにモット理性的に判断しておけば良かった~』的に少し後悔のタネ(後ろ向きな気持ち)が残る様な気がする。

一方、好きな方に決めとけば『シャーナイ!』の一言で前を向けそうな気がする。

会社は超安定でも、一人一人の人生は色々ある。

仕事がつらい時に『好きで入った会社やねん、好きやねん!』と言えるかどうか?の方が、1と2の差を超理性的に考えるよりも遥かに大きい様な気がします。

僕は結構転職してますが、JAL・ANAに入れば普通はあまり転職しないハズなので、その辺がより大事かも、、、、、

とういう事で、もう一度書きます。

『好きな方にしたらよろし!』

記事化した、もう一つの理由

実は『ANA入ると地上勤務長いんじゃね?小さい会社行った方がいいんじゃね?』問題は、現役航大生の中でもしばしば話題に挙がる様になっていると聞いています。

それについても、記事化しようかなぁ~と考えていた所だったので、どちらか一個書けばそれで足りるだろうなぁ~という事で書きました。

最後に

僕が直接、面接練習したりして関われる人の数は限られているので、今回の様に全く知らない学生さんから『実はお世話になりまして、、、』と言って貰えるのは、本当に嬉しく、面接練習の合間を縫ってブログ記事に残して来て本当に良かったと感じます。

いい年こいたオッサンが学生さんの事を想って、頼まれてもいないのに(頼まれている場合もある、、)超マジでブログを書き、超マジで面接練習を重ねている。

いつかどこかでパイロットを目指している人に出逢った時に『とりあえずネバギバのブログ見て見たら!』と言って貰える様に、もう少しマジな日々を続けたいと思っています。

あ~そうそう、内定辞退は早めに連絡しておいてね!
今も自社養成の就活をしている誰かが代わりに内定ゲットできるかもしれない!
いやっ航大と違って定員がバシッとあるワケでは無いので、そうでも無いかも、、、

じゃまた!

彼から返事(DM)来た!

『未来のことなんかわかるか、自分で適当に決めやがれ~!!』的ないい加減な答えにも関わらず、ご丁寧に返信を貰った。

流石ダブル内定者、ぬかり無い!(笑)

航空業界にいらっしゃいませ!

大手・親会社か?中小・子会社か?問題はこちら

パイロットとして入社するなら大手か?すぐ飛べる中小か?問題【航大生・私大生】

コメント

タイトルとURLをコピーしました