" /> JAL・ANA自社養成のみ狙いの為に就職浪人してる人達への手紙⑭ | ネバギバ敏郎ブログ

JAL・ANA自社養成のみ狙いの為に就職浪人してる人達への手紙⑭

ANA就活

JAL・ANA自社養成のみ狙いの為に就職浪人してる人達への手紙⑭

ツイッターのDMが溜まりまくっていて、その事を考えるとハゲそうです。

ここ数日は書かなければ、、、と思いながら記事化できていなかった記事を、いつもの様に殴り書きしてドドッと放出し、DMも少しづつ返信作業を始めています。

本当に返信が超遅くて申し訳無いっす。

4月前のDMを見て、心臓が止まりそうになる。

航大受験の為に休学・就職浪人であればギリギリ理解できる!(僕的にはほぼアウトやけど)

今年の一桁台参加者約60名の中にも3名は大学卒業して就職浪人して航大受験してる人がいました。

でも、そのうち一人は親が会社やってて肩書としては親の会社に入社してる事にしてもらって、経歴的にはパッとみ普通な状態をキープさせて貰っていると言っていた。
そして、今年の航大の結果によってはそのまま親の会社に実質的にも入社させて貰って働こうかな?一度一般企業の就職活動やっておこうかな???みたいな感じでした。

文系で航大を目指し始めるのが遅くて、理系科目がまだ弱いままで、今年最終年になっちゃった!とか、、ならまだ理解できる。! 

でも、目指すのが遅かったなら、それも含めて運命だと捉えて下の記事にある様に【無理にマラソンを逆走】する様な事はできるだけ避けて欲しいと思います。

でも、自社養成一本の状態で【プー太郎状態】は意味不明レベル

自社養成に航大の様な大変な学科試験は無い。

ただエントリーするまでに、
800点を超えてできるだけ900点に近いスコアをどこかで叩き出し、
その後は英会話試験の為に準備する。

その前にSPIの直前にチョコチョコっと短期対策して乗り切り、

飛行適性は数日対策し、

身体検査は水イッパイ飲む生活を続けながら、健やかに参加するのみ!

面接だって大事だけど、英語の様に何百時間・何千時間必要になる様なモノではない。

10~20時間充てて、後は他社で本番経験をできるだけ積んで実力を上げる以外にできる事はあまり無い。

なので、やっぱり、どう考えても就職浪人は無い

2022年春にANA自社養成が再開されましたが、コロナ前までは『社会人になっちゃってる人はご遠慮ください!』的な【プー太郎量産規定】があったらしいけど、今はもうそんなアホな規定は無くなっている。

なので、やっぱり、自社養成のみ狙いの為の就職浪人は無いのである。

自社養成の面接の場で【プー太郎状態】をどの様に説明するのか?

学生『今は御社自社養成に絶対合格すべく就職浪人状態です』

面接官『ウチの自社養成にエントリーする事と就職浪人にどういう関係があるのですか?』

学生『えーと、ですから英語を始めとして、御社が学生に求めるレベルは高いと考えておりまして、、』

面接官『英語の勉強は浪人しないと出来ないくらい大変な量をされているのですか?そうであれば例えばTOEICは何点ですか?あ~ESに書いてありました、、え~と、820点?本当に英語の勉強に集中されていたのですか?』

学生『えーと、最近TOEIC受験できておりませんで、直近では5カ月前の受験ですので、今は900点を超えていると思われます。はい。』

面接官
『あーそうですか、頑張っておられるコトはわかりました、、、、、もしウチに入社してから訓練に投入されて、訓練でビハインドした場合は休職して他で訓練する事は可能だと思いますか?
社会に出る直前の一年間浪人し、勉強に集中することと、社会に出てから一年間休職し、勉強に集中することはほとんど同じですよね? そして御社としては、安易に休職する様な人材は求めていません。あなたは自分自身が他の人よりも【やる気】に満ち溢れているから、就職浪人までして自社養成へのチャンスを追い求めていると自分に言い聞かせているのかも知れませんが、人事としての経験から言わせて頂きますと、休学、就職浪人、休職してる人は【逃げ癖】をお持ちの方である場合も一定数あると感じています。
本日は面接にお越し頂きありがとうございました。
あなたが【やる気タイプ】なのか【逃げ癖タイプ』なのかは、今日の面接を踏まえて判断させて頂き合否の連絡をさせて頂きます。それでは次の方どうぞ!』

と人事から受け取られないか?が心底、非常に、物凄く心配になります。

【逃げ癖】なのかどうかは、どうでもイイ!

誰よりもパイロットになりたくて、休学したり就職浪人までしてでも絶対にパイロットを目指したいと思う人が、実際に休学したり就職浪人することで、目標から遠くなってしまう、ハンディーを負ってしまう(かもしれない)ことが耐えられません。

今の所JALもANAも社会人でも自社養成にエントリーできます。

何年かかっても自社養成に受かってやるという気概がある人は、まず死に物狂いで残業無しの【ホワイト企業】【ホワイト公務員】に入り込む事を目指したらイイじゃないでしょうか?

そして、入社後は、クビにされない程度に勤務前、勤務中、勤務後のほとんど全てを自社養成に受かる為の時間にしたらイイじゃないでしょうか?

2年もその生活を続けたら、TOEIC900点超えますよ!

ホワイト企業だろうが、何だろうが、勤務態度が最悪だろうが、2年間も社会人やったら面接も学生とは違ったソレっぽい大人な喋り方が自然にできます。

※例えば2年間就職浪人して面接にきた人の喋りが学生のままだろうコトと比べると、もう今度こそ完全に勝負ありです。

ソレでもJAL・ANAの自社養成に合格できなかったら、、

その生活をあと数年続けてもイイでしょう。

ここまでやってダメならショーガナイと次を考えることもできるでしょう。

2年間もチンタラチンタラ仕事しやがってと会社に目を付けられて、いくらホワイトとは言え社内で生きづらくなったら、TOEIC900点を持って転職活動しても良いでしょう。

※この2年間
①本人は英語の実力を思い切り伸ばせる
②JALは訓練生候補としてレベルの高い人材を一人多くスクリーニングにかけることができる。(合否は別として、)
③転職先は彼がJALを本気で目指さなければ、この世にいなかったハズの英語バリバリの人材に巡りあえる。

と三者ともイイ事ばかりです。損をするのは2年間在籍するホワイト企業だけです(笑)

とにかく、とにかく

『俺は何年かかっても、生まれ変わっても絶対に自社養成に受かってやる!俺はゴキブリよりもしつこいんだ!』と豪語する人は、

絶対合格する為に休学・就職浪人などするのでは無く、1~2年間の長期計画を組んで履歴書に【プー太郎期間】を作らない様にしながら、自らのゴールに近づいてください。

最後に

ほとんどの人は休学・プー太郎までしてパイロットを目指さないと思うので、この記事は一行も読まなくてOKです。(笑)

最後までお読み頂きありがとうございました。m(__)m

DMをくれた彼には

内定企業を決めた状態で、TOEIC865点を超えたら次回以降のネバ生募集で優先的に入ってもらう事を約束しました。

頑張ってね!

すぐ返信くれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました