" /> あざとい!面接でのコロナ・時事問題の答え方 世代別特徴から見えてくる対策法 | ネバギバ敏郎ブログ

あざとい!面接でのコロナ・時事問題の答え方 世代別特徴から見えてくる対策法

コロナ

時事問題での差の付け方

面接で時事問題も聞かれる事があるが、『知ってる or 知らない?』を知りたいワケではない。
『この人はニュースを見てどう考えたのだろう?』
『どこまで本質を理解しようとしているのだろう?』
を見られている。

その事を意識しながら、世界史や地理などの様に表面を暗記する様な勉強にだけはならない様にしなければならないし、逆に言えば他の就活生よりも深い考え方を少しでも表現できれば加点できる事になる。

『コロナ』を事例に考えよう

2021年の時事問題は圧倒的にコロナが聞かれている。

そしてコロナの話題だと、どうしてもマスク着用の話になりやすい。

まずマスクの着用については『世代間』で考え方が違うコトを理解する必要がある。

年代別コロナルールへの考え方

60~70代以降(&一部テレビ好きな主婦層?)

テレビ見てコロナに怯え、毎日感染者数を発表してくれるテレビに釘付けになっている世代

マスクしない人を強く非難する世代

30~50代

テレビも見るがネットの情報も取る。

人間的に脂が乗り、テレビや政治家の発言をそのまま受け取らずに斜めから受け取る事ができる世代。

効果に疑念があり、法律にもないマスク着用を社会がなんとなく要請しているだけであり、マスク着用は厳密な意味でのルールでない事を理解している。
その上で大人の行動としてマスクを着用している。

20代以下はニュースもネットニュースも見ない世代(笑)

大人がマスクしろ!と言ってるんだからマスクすべきなんだろうなぁ~

なんでマスクしない人がいるんだろう???

面接で聞かれる時事問題はこんな感じ

コロナについて、ルール守れんやつどう?

オリンピックについて、開催肯定?否定?

素直な70代(&テレビ大好き主婦層?)はこう答える

マスクの要請がコレだけ社会的にされているのに、コロナがこんなに猛威を振るっているのに、世界中で沢山の人が死んでいるのに、マスクをしない人がいるのは信じられない。
もっとルールを守って欲しいし、ルールを守らない人がいるから感染が止まらない。

オリンピックはしない方がイイに決まっている。

素直な20代以下はこう答える

マスクはルールなので守った方がイイと思う

オリンピックは見たいけど、感染拡大しているので迷惑がかかる、ただオリンピックに出たい

選手の気持ちもわかるので難しい問題

30~50代はこう答える

あれだけ日本国外で感染拡大し、被害が出ているし、それを日本国内でも起こっている様に連日テレビで報道されている現状では年配者も不安に感じているだろう。
マスク警察の様な少しヒステリックな状況に発展している事に困惑している。

感染による死者もでるが、経済的なダメージによる死者も出る。
政治家は舵取りが難しいだろうが上手くやって欲しい

オリンピックは正に感染と経済を天秤にかけてバランスを取って考える問題だと思う。

海外でも各種スポーツイベントがバブル方式で行われているので、オリンピック開催が絶対に無理な理由はないと思う。

面接官をしているのはどの世代?

9割以上の確率で30~50代のハズだ。

だからと云って、20代の就活生が30~50代と全く同じ意見を言ってもリアリティーが無い。

基本的に20代の答えをしながら、所々に『年配者は不安』『ヒステリック』『バランス』『海外』等のキーワードのうち幾つかを出す事で若干の成熟をチラっと出す感じで良いと思います。
あざとい!

世代の話になったので『政治的な傾向』まで一気に話をしておきます。ほぼ同じ構造!

20代以下は『キラキラしたスローガンに惑わされ?やすい』とされており、

『戦争反対、話し合いが何よりも大事』『徴兵制とかなると自分たちが嫌だし、戦争への第一歩で怖い』『フードロスを解決したい、地球温暖化を食い止めたい、SDGsが世界を良くする』『誰もが平等な世界を!』

と考えるのがノーマルかもしれません。
(※理想的で綺麗なモノに強く惹かれるのが若者です。それでイイと思う。 でも2~30年経ってもキラキラした表面的な考えを持っていると逆にキモい笑)

左派と言われる『共産党』『立憲民主党』は正に『戦争反対!』ですし『平和憲法を維持して子供たちを戦争に巻き込むな!』『開かれた日本、人種の無い日本、外国人参政権ウンヌン』などとキラキラワードで有権者の心を掴みに来ます。

そして現在のテレビ局や新聞社のほとんどが左派メディアと言われています。

産経新聞とかが若干右派ぐらいです。
朝日、毎日、東京新聞がゴリゴリの左派(右派から見ると反日新聞)
そして本来真ん中であるべきNHKはゴリゴリの左派(右派から見ると反日テレビ局)

となると、ネットメディアに触れずにテレビや新聞に釘付けになっている60代以降は左派ですか?右派ですか?となると当然左派的考え方が強くなります。

そして30~50代はどうか?


となると(僕もこのゾーンですが、、)右派的考え方になりやすいです。

『戦争反対だけど、話し合いで解決した戦争は歴史上ほぼ無い、日本国外には特に無い(笑) 武力が均衡している事のみが戦争抑止に繋がる』『徴兵制の様に一年間軍隊にいたところで実際には兵としての戦力にはならない。だけど国を守る意識は若い世代に根付くだろうなぁ、でも今の日本に必要かどうかは微妙だけど、、』『平和憲法のあったチベットはとっくに中国に攻められ、国ではなく自治区になっている。『日本が平和憲法を改悪したらアジア諸国は恐れおののく!』と言ってるのは世界一の軍事大国になろうとしている中国と人口が日本の半分でありながら日本以上の軍事費を持つ韓国だけやんか! 『平和憲法維持!』って中国に操られている日本共産党や在韓や帰化人の影響が強い立憲が日本が軍事費を増やせない様に手足を縛って、中国が尖閣や沖縄をチベット化しやすい様に妨害してるだけやん!』『外国人参政権? 日本の主権は日本人やろ? ただでさえ中国人留学生がザクザク帰化して日本人になってるのに外国人にまで参政権ってなんやねん?朝鮮学校を政府の補助金で無償化? なるほど立憲は日本人じゃなくて外国人(実際には朝鮮半島と中国系)の人に優しい政策を日本で推し進める党やもんなぁ~』『SDGs?ISOみたいな国際規格か、上手く金儲けのネタ作るなぁ~ ガソリン車で日本に負け始めたらクリーンディーゼルって言ってインチキ検査で性能誤魔化して、今度は温暖化対策でガソリンからEVか~ 100年後は寒冷化だーって言ってまたルールを作って金儲けするんやろなぁ』

なのです。

お待たせしました!面接の時事問題対策の超効率的な方法

面接で政治的な意見を求められることはほぼありませんが、面接官をしている30~50代はこういう世代なのです。

それで、そういう世代が見ているネットニュースの代表的なのが『虎ノ門ニュース』(YOUTUBE)です。
ここまで読んできて、まだ時事問題対策を新聞でしますか? テレビのニュースを見ますか?

違いますよね? 面接官世代が見ている『虎ノ門ニュース』を1.5倍速で見る。
しかも完全政治的な部分は飛ばす。時事問題になりそうな話題だけをピックアップしてみる。

そして面接ではその辺のニュアンスをチラッと出す。

これで『20代だけど、君ちょっと成熟した考え方ができるね!』という評価に繋がり易いですよね! あざとい!

更に『ニュースはどうやってチェックしてる?』の質問には敢えてネットニュースと言わずに『親の新聞を見ている』とか言っとくと、面接官は『左派的な新聞を見ても自分なりに考えて、意見が丁度真ん中でバランスが取れている。これは頭の中が健康的な証拠だ、うん採用!』となり易い。 
あざと過ぎる!!

気になるトピックがあったら、ソレに関する『虎ノ門ニュース』のコメンテーターのコメントをチェックしに行ってもいいだろう!

とにかく就活が一旦始まると時事問題に時間を使ってる時間が中々取れないのが実情だ。

上記の方法でYOUTUBEを隙間時間を有効活用して新しい見方・考え方を手に入れて欲しい。

そして面接官を手のひらでコロコロ転がすのだ!!!

あとがき

ビジネスの世界では『キラキラした綺麗事』を言っていては、一銭も儲からない、負け続ける。
面接官も喜んで転がってくれるし、厳しい世の中で共に戦う仲間として迎え入れてくれるだろう!

※ちなみに30~50代でもキラキラしちゃう傾向が高い(と言われている笑)組織・グループは『教員・大学教授』『マスコミ』『組合』、、とにかく既得権益っぽくて余り頑張らなくても、儲からなくても大丈夫っぽい業界だ。こういう業界への就活であれば逆にキラキラしたスローガン的な事を多めにしてもイイかもね、、、大人の世界って複雑で難しいよねぇ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました