この業界(航空業界)を志望する理由はなんですか? 自社養成パイロット 就職活動面接対策

個別質問③上級

パイロットを目指す学生の苦しみ

普通の就職活動の面接では、なぜその会社の属する業界を選んだのかを聞かれる事が一般的です。

ですから、面接対策本にも
『この業界を志望する理由はなんですか?』という質問が頻出問題として入ってきます。
今回は特にパイロットを目指す学生さんから
『業界の志望理由が答えられない!』といった苦しみの声を沢山受けて、記事にしました。

いきなり結論&まとめ

パイロット志望自体がかなり特殊ですので、業界志望は不要
敢えて説明するなら『エアラインパイロットという職種を志望するとどうしても必然的に航空会社を目指す事になってしまうので、、、、』という説明で良い。

そうなると変わりに重要になってくるのが、職種の志望理由である『パイロットを志望する理由』です。
これは逆に他の業界の面接よりメチャクチャに重要になってきます。

パイロット志望の前に、航空業界ありきという志望理由の人も実際いると思います。
それはそれで成り立ちますので、その『パイロット志望学生』の中では逆に特殊な理由を説明できればOKです。

ネバギバがまだ記事にしていない理由

勿論、『パイロットを志望する理由』についても記事にする予定ですが、現在(2020年12月)JALインターン2コースが選考面接真っ最中の為、意図的に記事にするタイミングを遅らせています。(笑)

2日間のインターンの結果まで出た後に、投稿する予定ですので、その頃覗いてみて下さい。

※これまでの記事でも一部書いちゃってますが、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました