" /> 『SWIFTとは?』の面接での答え方!【例文有り】時事問題回答時の注意点※ロシア経済制裁関連 | ネバギバ敏郎ブログ

『SWIFTとは?』の面接での答え方!【例文有り】時事問題回答時の注意点※ロシア経済制裁関連

個別質問③上級

『SWIFTとは?』の面接での答え方!【例文有り】時事問題回答時の注意点※ロシア経済制裁関連

面接では時事問題が聞かれるコトがあります。

『世の中にどれくらい興味があるか?』
『新しくニュースに出て来る様になった用語を知っているか?』
『新しく出てきた概念をどの様に理解しているか?』

などが、時事問題が聞かれる主な理由だと思います。

少し筆記試験と似てる感じもしますが、聞かれているのは面接の場です。
筆記試験では無く、面接で問われた場合にどう答えるのが最善なのでしょうか!?

今回取り上げる【SWIFT】を例に、今後聞かれそうな【時事用語】【時事問題】への回答案作りの参考にしてくださいね!

そもそも面接官側から見た【面接の目的】は何?

筆記試験は【知識】や【思考能力】などをチェックする為の試験だと思います。
そして、やっぱり面接の究極の目的は【コミュニケーション能力】を測ることです。

イキナリ模範回答①

『SWIFT(スイフト)とは
Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication
の略で
国際銀行間通信協会というベルギーに本部がある組織を指す言葉です。
世界各国の銀行・金融機関が米ドル、ユーロ、円など様々な通貨の国際金融取引を行う為のネットワークを指しています。』

⇒この位が事前に調べて、若干黄色部分も丸暗記できた学生さんの筆記試験的な回答だと思います。

実際には黄色部分など記憶していられないハズなので、実際の回答は

『SWIFTとは、英語の略はソサエティー、何チャラという、国際ほにゃらら協会とかいう名前のベルギーに本部がある組織を指す言葉で、その組織が世界中にある銀行や金融機関の間での様々な通貨によるやり取りを可能にしています。』

こんな回答で100点満点だと思います。

黄色部分の略などまで言えれば、多少の加点はあると思いますが、そもそも知識試験ではないので加点されたとしても110点位のイメージでしょう!

上記模範回答①に20点プラスする方法

『2022年2月から始まったロシアによるウクライナ侵攻への西側からの経済制裁の一環として、ロシアの金融機関のSWIFT網からの排除が一部実行されている状況です。』

そもそも【SWIFT】という言葉がニュースに登場する理由は【ウクライナ侵攻】なワケですから、このフレーズを追加する事はそれほど難しいことではありませんが、面接の場で視野が狭くなっている人が『SWIFTって何?』を聞かれると、半分くらいの学生さんが模範解答①で終わってしまうのでは??と思います。

模範回答② 150点くらいあると思う!

(面接官)
『SWIFTについて知ってることがあれば教えてください』

⇒(学生)
恥ずかしながら、私の場合は国内送金の仕組み、例えば【みずほ銀行】から【UFJ銀行】への送金の仕組みも最近まで知らずにいました

送金元の私の口座から直接振り込み先の口座にお金が飛ぶ!のではなく、
①みずほ銀行の私の口座がある支店から、日銀内のみずほ銀行の支店に送金され、
②日銀内のみずほ銀行の支店から、日銀内のUFJ銀行の支店に送金され、
③日銀内のUFJ銀行の支店から、振り込み先のUFJ銀行の口座に送金されているそうです。

SWIFTの場合は、本部がベルギーらしいですが、簡単に言えば日本国内送金の場合の【日銀】を【アメリカ国内の銀行】に置き換えた仕組みであり、今回のロシア制裁でも分かる様に基軸通貨である米ドルを持つアメリカの強さも改めて感じさせられました。』

チョット解説①

『知っています』じゃなくて『恥ずかしながら、、、知らずにいました

結局、今は充分に知っていますが、、、って事ですが、この言い方を使う方が、へりくだって、謙虚で、自分の弱い部分をさらけ出してる感じを面接官に与えることができます。

この先も聞いてみようかな、、と思わせることができます。

同じ話力でも、より伝わります。

チョット解説②

海外送金の説明をするのに、国内送金の話を使ってより深く自分なりに理解している感じを伝えられます。

まずは国内の銀行間決済について理解しよう!

チョット解説③

本部がベルギーとか、どうでもイイことではなく
『基軸通貨つえー!』という本質的な自分なりの気づきをコメントに加えられています。

『ベルギーにあるけど、アメリカ!』
に気づけるということは、同時に
『アメリカ主導なのに、本部を置いてるヨーロッパもまぁまぁつえー!』も気付けるワケです。

上記模範回答②に20点プラスする方法

模範回答②自体が少し長めの答えなので、同時に入れ込む事は若干難しいですが、

『国内送金の話はどうして気づいたのですか?』
の様な都合の良い深掘りが来た場合は、

『こういう小難しい事にやたらと詳しい友人の加藤というのがいまして、SWIFTという言葉をニュースで聞いた時に、加藤に聞いて見たら逆に国内送金ってどうなってるか知ってる?って聞かれたんです。
本当に加藤の様な友達がいると、チョットした事でも少しだけ深く理解させて貰えるので本当に助かってます。見習いたいです。』

などと答えておけば、実際はちょっとオタク気味かも知れないけど、何かと色々詳しかったり早耳の友達を上手く使いこなしているコミュニケーション能力の高さがやんわり威張らずに伝えられて20点くらいの加点だと思います。
※ググりました!より全然良い答えだと思います。

更に言えば、

(面接官)が
『SWIFTについて知ってることがあれば教えてください』 と質問している段階で面接官自体はSWIFTについて当然知っているワケで、そんな人にSWIFTを真面目に説明した所で意味がほとんどありません。

お互いに知っている前提で、派生するトピックを喋れて、話を膨らませているワケです。
この事も【コミュニケーション能力高め認定】を受ける要因になると思います。

どうやったら時事問題から話を膨らませられるか?

『○○○○を知っていますか?』
『○○○○を説明してください!』

と言われたら、その後に勝手に

『そしてあなたは、いつ?それをどの様に?誰から?知り、どう感じましたか?どう理解していますか?あなたのコレからの人生と何か関連はありますか?』

を加えた質問だと思って回答例を面接ノートに書きましょう。

【派生・連想】してください。

この作業を繰り返す事で、面接ノートに無いワードが出された場合にも模範回答①ではなく、②の様な回答が出来るようになっていきます。

是非、試してみてくださいね。

オマケ:面接での頻出問題の中に上記の回答準備方法と似たグループがあります

グループ分けして練習しよう!【エアライン自社養成パイロット・航大】

「禅問答」的問題 グループ があります。

『やりがいとは何ですか?』
『会社とは何ですか?』

辞書に書いてある定義を述べるのではなく、自分自身の人生の中で
【やりがい】と言えばこの人!と言える人を連想して記述してください。
【会社】と言えばこの会社!と言える良い会社を連想して記述してください。

【派生・連想】してください。

そこまでノートに書けば、あとは『私は仕事をするに当たり、彼の様にやりがいを感じながら仕事をしたい。』とか『あの会社の様な会社が良い会社だと思うので、自分がソコで働くことで徐々にあんな会社に近づいていけたら、、と思います』的にまとめられます。

オマケ:時事用語の中でも英語の略語は絶対に抑えよう!

【SDGs】【SWIFT】その他に幾つ最近ニュースで頻繁に取り上げられる様になった英語の略語ありますか?

そんなに無いハズです。

航空業界でも、未経験者なら【HUD】とか、ライセンサー・経験者なら【FADEC】とか、やっぱりチョットした質問になり易いです。

SDGsの様な大きくて難しくて意見を求められる感じの質問は両論を軽く述べて、『難しい問題ですねぇ~』で逃げられる(笑)

『SDGsって何?』の面接での答え方&その背景や考え方【ダメ例文あり】

ロシアへの制裁に関連する記事はコチラ

パイロット目線で解説!ロシアが借りパクした【リース航空機】の行方

コメント

タイトルとURLをコピーしました