航空大学校入試 挑戦日記 by ジェーン

航大入試挑戦日記

はじめに

JAL本選考に敗れ、来年のJALに向けて「なにくそー」と思って英語頑張る学生を中心に五名程度による「TOEIC爆上げ日記」が落ち着きはじめたある日のZOOMでの会話から「航大入試挑戦日記」が始まることとなった。

ジェーン君の初回ZOOMで現状確認と就活の軸などを確認していたら、、

本選考落ちが確定してからネバギバに連絡してきたジェーン君

数か月後から始まる航大の面接対策の為にに連絡してきてくれました。

「本選考が終わって航大トライすることはわかったけど、22卒だから他の就活はどんな感じ?」
と聞くと、「JAXA受けようと思ったんですけど、ESで研究内容書けって言われても、まだ研究室に配属もされていないので書けないんです、、、それ以外は就活してないです」
「ちゅうことは、航大落ちたら大学は卒業するからプー太郎? いやいや、周りと一緒に一回就活というかESや面接やっておくのは、数か月後の航大や次回のJALの為に絶対為になるから、難し過ぎず簡単過ぎない企業をまず受けて就活自体の経験を積もうや!?」
「旧帝大で理系だよね? 英語もTOEIC800弱あるし、4月5月を就活に費やしても8月の試験に結構間に合う可能性が高いよね?」

偶然ZOOMにいた同じ大学っぽいネバ生も、多分それでもイケるだろうという事になって、、、

「はい、そんじゃーそれでやってみます」という事で一件落着となりました。

いつから航大入試対策始めたの?と聞くと、、

「つい最近です」
というので、
「最近TOEIC爆上げ日記っていうのをやり始めているんだけど、航大入試版の爆上げ日記やる?」
聞いたら、「ネバギバさんへのメール報告が一ヶ月毎でなく、一週間毎で良いならやりたい」との事!
一週間の方がより気合が入るからだって、 どんなけ気合入っとんねん!
まぁ僕も「一週間に一回」とかだとメールするのも面倒かもと思って、適当に「一か月に一回くらい」何をどう勉強したかの簡単な日記を送ってくれる様にお願いしていただけなので、勿論OKした。

4月15日早速一回目の日記を送って来てくれました、メールはこんな感じ

ネバギバさん
ジェーンです。先日は、初Zoomと私の航大合格日記のページを作っていただきありがとうございました。ずっと見ていたブログに自分のページができてとても感動しています!
最近までの日記を書きましたので、添付ファイルにてお送りさせていただきます。
zoomでは週1で日記をお送りすると言いましたが、4、5月は就活に力を入れるので、月2、3回になるかと思います。本腰を入れ始めたら、宣言どおり週1でお送りします。(ネバギバさんのメールボックスがパンクしそうな時は控えます。)
日記ですが、まだ他の方の日記を見ていないので、どんなフォーマットでどこまで曝け出すかわかりませんでしたが、ありのままを書いたつもりです。
日記には巷で噂のP予備校の話も入っていて、未来の受験生があまり意味のない高い買い物をしないように願ってます。
あと、めっちゃ恥ずかしいですが、忘れかけの知識で解いた過去問の点数と得点率も載せときます。
ネバギバさんに打ち上げていただいたロケットを、ちゃんと目的地に誘導するために日々精進します!
お忙しいところ恐れ入ります。

わぉ、月に2、3回ってそんなに頻度が変わっていないやんかー(笑)

という事で4月5月はあまり進まないが、その後爆速で航大対策をする彼の日記がここにアップされる予定→と思ったらすぐ来た一回目

(3月8日)
 航空大学校の試験対策がしたいと思い、自分は何かきっかけがないと勉強し始めないタ
イプだったのもあって、P予備校に入学させてもらった。
 この日、それぞれの試験での内容を初めて知った。
(3月9日〜3月21日)
 JALの自社養成パイロットのエントリーシートを書くことに集中していたため、航大対
策はまだ始めず。
(3月25日)
 JAL自社養成パイロットのエントリーシート落ちた。いろんな人に協力していただいて
、独りよがりでなく面接を意識したエントリーシートを書けたと自信を持っていただけ
に、めちゃくちゃ落ち込んだ。
 しかし、その夜のネバギバさんのツイートで「すぐに自分の可能性を最大化できる道を
探って進んで欲しい」という言葉があり、グズグズ落ち込んでいられないと感じて、そ
の言葉に背中を押されるように明日から切り替える決心をした。
(3月26日)
 この日から本格的に航大対策を始めた。
 まず、内科でアレルギーの血液検査を受けてきた。久々の注射は痛かった!
次に、1次試験対策の学習計画を立てた。過去問から先に解いて、自分の弱点をはっき
りさせて、そこを重点的に学習していく方針にした。
(計画:第1段階)
 過去問を新しい方から10年分
 基本ルーティン
(ある年度)の過去問1回目→(ある年度)の過去問の学習→(ある年度)の過去問
2回目→(ある年度+1年度)の過去問3回目→(ある年度−1年度)へ
 R2英語(筆記のみ)1回目を解いた。(得点:67/80 得点率:83.75%)
 英語は時間的に余裕を持って解ける科目だと分かった。
 大問1の(10)は英検1級レベル以上の難しい単語の穴埋めで間違いやすいのでここは重
点的な対策が必要だと感じた。
英語を日本語で介して学ぶことはあまりしてこなかったので和訳問題にちょっと苦手意
識を感じた。
(3月27日)
 R2英語の学習をした。
(3月28日)
 R2総合Ⅱ1回目を解いた。(得点:108/150 得点率:72%)

R2総合Ⅱの学習をした。
初めて目にするものはなく、「あぁ、そうだった…。」みたいなミスばっかり。
高校生でも解ける内容であるが、いくつかはずっと遠ざかっていた分野の定理やら公式
を思い出すのに時間を取られてしまった。過去問を3回繰り返すという第1段階では、
このような状態が続いて低い得点率になるんだろうなぁと思った。
(3月29日)
 R2英語2回目を解いた。
 R2総合Ⅱ2回目を解いた。
H31英語1回目を解いた。(得点:65/80 得点率:81.25%)
大問1の(10)がやっぱり難しい。
ここで、P予備校のテキストの誤植の多さにイライラし始めた。
(3月30日)
H31英語の学習をした。
(3月31日)
H31総合Ⅱ1回目を解いた。(得点:114/150 得点率:76%)
(4月1日)
H31総合Ⅱの学習をした。
(4月2日)
H31英語2回目を解いた。
H31総合Ⅱ2回目を解いた。
(4月3日)
H30英語1回目を解いた。(得点:66/80 得点率:82.50%)
(4月4日)
H30英語の学習をした。
自分の和訳がGoogle翻訳のような不自然さがないように気をつけたけれど、読み返せば
日本語的にやっぱり不自然だった。和訳の練習のために浪人時代の予備校のテキストを
引っ張り出してきた。
P予備校のテキストは誤植が多すぎるどころか、答えすら間違っていて、それを堂々と
解説していて本当に良くないと思ったので、将来の受験生でP予備校を利用してしまう
人たちのためにもメールで予備校にテキストの刷新を要求した。
P予備校との付き合い方を再度考え、過去問だけを利用することにした。過去問を10年
分手に入れるのには、高すぎる買い物だったなぁ。
(4月5日)
 R2英語3回目を解いた。
(4月6日)
R2総合Ⅱ3回目を解いた。

(4月10日)
H30総合Ⅱ1回目を解いた。(得点:114/150 得点率:76%)
(4月11日)
H30総合Ⅱの学習をした。
(4月12日)
英語の大問1の(10)の対策とTOEICの対策を兼ねて、図書館で「キクタンTOEIC
TEST SCORE 990」という単語帳を借りた。
(4月13日)
キクタンTOEIC TEST SCORE 990:CHAPTER 1 を30周した。
(4月14日)
H30英語2回目を解いた。
キクタンTOEIC TEST SCORE 990:CHAPTER 2 を30周した。

(ネバギバコメント)

なんやこれー初回からメチャクチャに気合入りまくりやないかーい!
もう試験6月位でも合格するわ、本当にこんな人間がJAL落ちたのか? あー自社養成怖いわぁ(笑)

2回目の報告の前に進路相談メール来た

ネバギバさん
ジェーンです。ご相談したいことがあり、連絡いたしました。ご存知の通り、航大の勉強は控えめにして、就活・研究・TOEICに力を入れているところです。昨日、TOEICを受験してひと段落し、エントリーした5〜6社のエントリーシートを書いています。そこで就活に関して悩んでいることが2つあります。
1. ガクチカや自己PRはJAL用に用意していたものをスライドしてなんとか書くことだけはできるですが、志望動機で詰まってしまいます。メンタツによると志望動機は自己紹介の中に隠されているらしいのですが、まだ面接技量が低く自己紹介すらまともにできていない上に、パイロットの仕事以外に今まで興味を持ったことがないので「その会社で何をやりたいか」が浮かばず、仮に無理やり考えたとしても面接で自分の本心ではないことを話すことになり苦しむだろうなと思っています(口が裂けても、場数踏むためですとは言えないけど、逆に思い入れがないから会社におべっか使うこともないのでいいのかもと思っちゃってますが…)。志望動機の記事を参考にさせていただいており、この就活でも方針としては「自分の長所」+「何か」のシーフードカップ麺方式で行こうと思いますが、「何か」の部分が大きな壁に感じています。
2. 自分の中での、就活の位置付けが少しはっきりとしていません。視野を広げるためにも、卒業後にプー太郎の状態で航大や自社養成を目指さないためにも、航大面接のためにもこの就活の必要性は理解しています。しかし、どの段階で就活を終わりにするのか検討がつきません。1つ内定を取ることを目標にしていますが、そのためにはエントリー数が少ないかもしれないし、たくさんエントリーしても企業研究をしていく時間的余裕がなくなるし、どん底の面接技量でそもそも一番大事な「自信」が足りてないと感じています。
今の頭の中のモヤモヤをつらつら書いただけになりましたが、もしよろしければ何かご意見をいただければありがたいです。未来のことなのでどうなるかわかりませんが、ネバギバさんやキャリアセンターなどできるだけたくさんの方の意見を参考にしながら頑張っていきたいと思います。
お忙しいところ、大変申し訳ございません。

→4月27日8月までとその後の時間の割り振り的進路相談ZOOMやって、
①よく聞くと帝大理系なので、推薦で結構いい会社に入る方法もある。一社に決めるとその他の就活できないので、面接練習にならない。なので、先に面接練習やってそこで得た内定がショボければ推薦に駆け込みプー太郎を回避するタイムスケジュールを組む!
②五月半ばの航大面接はネバギバとぎっしり面接練習をする。ここでガッチリ合格をモノにしたい。
③合格が確定するまでは8月の航大学科に向けて頑張る
※ここまで頑張るならついでに、JAL自社養成の本選考3月に標準を置いて英語も爆上げしても良いかも
④来年の4月は状況がどうであれ、卒業してどっか入社しておく。
⑤航大などが合格していれば『あらーしたー』ゆーて辞める。
となった。

※この後に航空大学校入試対策 定期ZOOM勉強会(進捗報告&勉強法相談会)について意見を聞かせてもらった。

(ジェーン君からの追伸)
前回のメールでの質問への回答です。航大のHPにはH26〜R1の7年分の英語・総合Ⅱの過去問が掲載されています。英語に関しては一部掲載となっています。http://www.kouku-dai.ac.jp/nyuusi/kakomonannnai.htm
解答に関しては、現役パイロットのJさんという方のブログが参考になるかと思います。https://mjblog271.com/category/koudaikakomon/

P予備校に支払った額は約30万円です。(時期によって価格変動する方式です。)https://pilotyobikou.com/course/

今いる大学の推薦枠利用は楽でない事が判明

ネバギバさん
昨日お話しした、大学の就職推薦の件でご連絡いたしました。
本日、自分が所属する学科の就職担当職員にお話を伺ったところ、やはり推薦は取ってはいけないと言われました。その方曰く、
・推薦を希望している場合は進路としてそこを第1希望とする必要があり、就活で第一希望を推薦企業とし第2第3などを自由応募企業とする方針の人ならかまわないが、私のように航大が第一志望である場合は了承できないとのこと。
・推薦はその会社で必ず働くことという大学と企業間の取り決めであるが、もし推薦出して企業に受かって航大にも受かったら航大に行くことになる。その場合、推薦企業の内定を辞退するだろうが、内定辞退は制度上ほとんどできない上に、辞退したら今後の大学への推薦枠が取り消され後輩たちに迷惑がかかってしまったり、教授陣たちが企業に直接謝罪しに行くことになってしまったりすること。
推薦は学部生ではほとんど取れず、院生でも推薦で内定する割合はものすごく低く、藁にもすがる思いで利用できるようなそんなに美味しい話ではないということ。
らしいです。もう推薦は諦めて、自由応募で、紹介いただいたサービスなどを利用しながら就活に取り組みたいと思います。
ジェーン

また、昨日提案していただいた、「航大勉強会(仮)」の件でご連絡があります。さっそく1人の航大生にご協力いただける流れになりました。

ありがとー
今まで僕が何百時間やってきたZOOMよりも価値のある時間やったわ、ほんと天使やわぁあの人!

娘おらんけど、娘と付き合ってほしいわ

アカハラ? 大丈夫かー?

ネバギバさん
折角、ご提案いただいたのに返信が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
参加したいところでしたが、エントリーシート書きや企業研究、webテストや研究•バイトに忙殺されて、大学ではアカハラを受けて、体調を崩しておりました。また、前回までのzoomを面接ノートに反映する時間を取れておらず、それでいてzoomに参加するのは良くないので、時間を空けてしまいました。今週は面接が複数ありますが、近いうちにまた参加できるように時間を見つけて準備しておきます。
ジェーン

(ねばぎば返信)

面接ノートは気にすんな
喋れば進むし、ストレスも減る!^_^

5月13日のメール

ネバギバさん
昨日は,長い時間にわたって面接対策をしていただきありがとうございました.パイロット目指しているものの,他業界の就活なのに対策の時間をいただけて感謝してもしきれません.
今日受けた,○○の1次面接の音声をお渡したします.(確認してないのでわかりませんが,開始5分後くらいから始まると思います.あと,この拡張子はapple用なのでwindowsで開けるか不明です.その場合はお伝えください.)
面接は思ったより長くてちょっとキツかったですが,やばいかもと思いつつ続けてみると,もしかしたらいけるかもと感じてしまいました.(この感覚は,2年前台湾で臭豆腐に挑戦してみたら意外といけるかもと感じた感覚に似てました笑)でも予想通り”爆死”していると思います.超超面接技量低くて申し訳なくなる音声ですが,ご指導いただけると嬉しいです.よろしくお願いいたします.

ジェーン

5月14日のメール

ネバギバさん
どうやら面接の前にzoom側の設定を変えてなくて録音できていなかったみたいです。申し訳ありません。次回必ず録れるようにしておきます。
p.s.他の企業で一次面接通過できました!

ジェーン

5月15日メール 嬉しいので全然航大と関係ないけどコピペ

ネバギバさん

先程、○○さんから電話があり、
先日の○○の一次面接
爆死………..してませんでした!


ネバギバさんにお力添えいただけたことで自信を少しでも伝えられたんだと思います。ありがとうございます!面接官からも現物を見せながらの説明が良く、頑張っていることもメンテナンス職に向いているとお褒めの言葉をいただきました。

次は5/○○日の○○:○○から○○面接(3or4人のboss たちvs ジェーン) なのでど緊張してきました。次はほんとに爆死しそうですが、綺麗に爆発できるようにまたzoom参加させていただきます!よろしくお願いします。
バイト中のジェーン

5月〇〇日のメール

ネバギバさん

昨日は、長時間にわたってzoom対策していただき、ありがとうございました。本日、ご存知の通り、( 〇〇)の(〇〇)面接があり、終了後すぐに採用担当の方からお電話がありました。

爆死……………………..してませんでした!

前日にネバギバさんに治療をしていただいたことがとても大きいと思います!本当にありがとうございました。次は、(5/〇〇)に最終面接なので、また機会があれば、反省会をさせていただければと思います。よろしくお願い致します!

p.s.)もし公開される際は、()内の言葉を黒塗りお願い致します。


武者修行中のジェーン

次こそシッカリ爆死してこい! → その後シッカリ爆死した(笑)

6月中旬メールキタ――(゚∀゚)――!!

ネバギバさん
お久しぶりです.先日お伝えした通り,大学院でプー太郎回避します.私が就活していた間に日記をたくさん更新してくださり,ありがとうございました!二兎追うジェーンによる二兎とも得る日記が始まりますが,航大日記なので航大のことだけ書こうと思います.添付のwordファイル内に赤字で書かれた,「以下,新しい日記」より下のものを更新お願いいたします.毎日7:00〜26:00で航大対策+院試対策+研究を回していて疲れ気味ですが,体調にも気をつけて先輩ネバ生の皆さんに続けるように日々精進したいと思います.
お忙しいところ恐れ入りますが,日記更新のほどよろしくお願いいたします.

ジェーン

今年は航大の3次試験で面接のみの実施になったらしい.来年どうなるか分からないが面接の重要度は高いことが分かったので,もっと頑張ろうと思った.

(4月25日)

TOEICを受けた.勉強時間取れなくて,ノー勉で挑んでしまった.795点….

(~6月5日)

就活に取り組む.

ダメだった面接を思い出すと,“自己紹介”はネバギバさんに工事していただいて少し自信がついたが,“志望動機”の深くて具体的なところ(うちで具体的に何がしたいの?etc.)が言えず爆死.(爆死理由はこれだけじゃないはず)

面接戦績・・・4勝5敗(うち最終負け1) ※一流企業でよく頑張ったと思う(笑)by ネバ

持ち駒がなくなり,進路相談していただきもう少し就活をすることにする.ネバギバさん・忍者さん,お時間ありがとうございました.

就活再開するが...エントリーを考えていた企業はほとんど,大学に求人が来ており,ここの大学の学生は実は推薦のみの募集とかばっかりで,自由応募では6月からの就活は厳しいと就職担当職員に言われる.そして,仮に選考に進めたとしても,表向きには自由応募ではあるが理系の就活には“後付け推薦”を要求される可能性が高いという.また,会社と大学院を天秤にかけたときに,航大受かったときに大学院に迷惑かける方がまだマシだと多くの大人に言われる.あとは,就活で内定より大学院合格の方が確率は遥かに高いこと,就活はほぼ一人ぼっちだったが大学院対策なら周りに仲間が多いことなどを踏まえて,大学院でプー太郎回避をすることに決めた.

でも面接は超大事なので,秋冬インターンでジェーンの武者修行vol.2をすることを予定している.乞うご期待!

さて,航大対策と院試対策.6:4〜7:3の力で頑張ることにする.あいにく,院試の5日後が航大の試験日.ハードだがこれがPへの最初の試練だと思って,日々全力を尽くす!(このために,ガクチカの出前バイトを3ヶ月お休み〜)

勉強サイクル:50分全集中+10分休憩

(6月1日)

H30英語3回目

H30総合Ⅱ2回目

(6月3日)

H31英語3回目

(6月4日)

H29英語1回目

H29英語の学習

H31総合Ⅱ3回目

(6月7日)

H29総合Ⅱ1回目

H29総合Ⅱの学習

(6月8日)

H29総合Ⅱ2回目

(6月9日)

H30総合Ⅱ3回目

(6月12日)

H28英語1回目

H29英語の学習

(6月14日)

H28総合Ⅱ1回目

H28総合Ⅱの学習

(6月15日)

H28英語2回目

(6月16日)

H28総合Ⅱ2回目

(6月17日)

H29英語3回目

H29総合Ⅱ3回目

総合Ⅰ対策

ジェーンの未来予想はこうなる!

①まず内定取る(一流企業ばっかりしかエントリーしなくて、時間切れ! 秋に再挑戦+院試に変更)
②でもって航大受かる
③ついでにJALも受かる

表紙の女性について

ジェーン・ヒューストン女性 24歳
地球連合軍所属、少尉。
「白鯨」の異名を持つ。
戦前から海軍に籍を置いていたが、ザフトの地球侵攻が始まり、水中MS部隊によって所属していた部隊を壊滅させられてしまう。
部隊を壊滅させたザフトのマルコ・モラシムに復讐をちかった彼女は、連合内での水中用MSの開発に携わるようになる。
フォビドゥンを水中戦用にカスタマイズしたフォビドゥンブルーのテストパイロットに志願する。
彼女の尽力で、本機の量産型であるディープフォビドゥンが制式配備される運びとなり、彼女はそのまま部隊の指揮を任される。
彼女の勇猛な水中での戦いは、その後、ザフト軍を震え上がらせることとなり、「白鯨」の名で、恐れ呼ばれるようになる。

『ジェーン パイロット』でググったら出てきたガンダムSEEDのキャラクター
航大日記も参戦者が複数人になってきたので判別しやすさの為に画像のっけただけ!
決して本人のリクエストではない(笑) 
よくわからんが、航大の『白鯨』となれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました