" /> 台湾での【銀行からのお金の借り方】どんなローンが可能?限度額は?金利は? | ネバギバ敏郎ブログ

台湾での【銀行からのお金の借り方】どんなローンが可能?限度額は?金利は?

台湾生活

台湾での【銀行からのお金の借り方】どんなローンが可能?限度額は?金利は?

以前、台湾の永久居留証を持っている人が台湾の銀行でローンを申請しに行った時に担当者に『台湾でお金を借りて日本の不動産の方に使いたい』と正直に伝えたら『今、不動産に関するローンは審査が一時的に厳しくなってるから別の理由にしてくれ!もしくは用途未定でもイイから不動産とは言わないでくれ』と言われた!みたいな話を聞いた覚えが薄っすらとありました。

どこの国でも銀行の融資方針は時期によって結構変わります。

労働ビザで5年間台湾の会社で働いた後に自分の居留証を永久居留証に切り替えました。
その直後に5年間台湾で一緒に暮らしている妻の居留証も永久居留証に切り替える為に、一次的に台湾の銀行で借金をしたコトを思い出しました。

チョットしたメモも出て来たので、かなり簡易な内容ではありますが、ググってもスグに出てこない系の情報だったので記事にしました。

まずは店舗へGO!

自分の場合は事前に電話して中国語で内容を説明して予約をするほど中国語が話せないので直接行くしかない。
住めば分かるが、行けばなんとかなるのが台湾だ(笑)
一応事前に去年一年間の収入証明書を会社に出してもらって、パスポートと居留証と共に持参した。

ローンを申し込む銀行は別にどこでも良かったが、給与振り込みに会社から指定されて使っている銀行へ行った。※提出書類が少なくなる可能性は少しある。

窓口で説明すると専用ブースへご案内

どこの銀行でもローンする客は上客だ。スグにブースに案内されて別の銀行員が出てきてくれました。

※今在籍している会社が大きな会社なので、社内にも支店とまではいなかいブースが時間帯指定であって会社に近い支店から日替わりで担当者が来ていたりするが、休日だったコトもあり、まずはとにかく話を聞く為に自宅近くの支店に行った。

どんなローンが可能なの?

永久居留証が無いと不動産ローンは無理とは聞いたコトがあった。

今回は自分は既に永久居留証があったので『どんなローンがあるの?』と聞くと、
不動産ローンと無担保ローン』みたいな返事が返ってきた。

もっと細かく聞けば教育ローンや自動車ローンなどと日本の銀行の様にプランがあるのかも知れないが、用途を限定されない【無担保ローン】を使う予定だったので他については特に聞かなかった。

必要書類は?

永久居留証

これはコピーを取られただけ。

去年の収入証明書(会社発行)

これもコピーを取られて、原本は返してくれた。

銀行口座のキャッシュカード

超簡易な申請書に書き込むのに必要だったとは思うが、自分で口座番号などを書き込んだ記憶は無い。
多分重要個所以外は外国人というコトもあり、銀行員さんの方で書いてくれていたと思う。

※通帳は台湾もあるけど、予想通り契約には不要だった。

会社のIDカード

突然、銀行員さんがLINEを交換して、ソコから後で何か送ってくれと言っている。
自分の名刺と会社のIDカードはDROPBOXに入れているので、スグに銀行員さんの個人のLINEに写真を送ったらウンウン言ってたので、どちらかが必要だったと思います。

※個人のLINEでそういうのやり取りしていいのか?について深く考えないコト!

手数料はお幾ら?

※ここから先の数字は会社の従業員のプランを適用してると思うので、だいたいの数字を捉える為に読んでください。

手数料:2000台湾元最初だけ必要なお金で、ローンを閉じる時まで一切不要!)

ローン金利は?

ローン金利:1.88%(この数字も会社、人、居住年数、など色々影響するかもしれません)

ローン期間は?

ローン期間によって、ローン金利も変わるのかなぁ?と思ったら、変わらなかった。

期間は1,2,3,4,5,6,7年のどれか選んで!と言われた。

ローン限度額は?

3百万台湾元(会社、人、その他諸々によるハズ、、でも社員プランだから前年の年収で決めるかも、)

※例えば、日本国内の無担保ローンは5~10年くらい前までは年収の5割くらいだったと思う。そして現在は3~4割まで業界全体制限されていると思う。
それに比べてなんだこの限度額は???と正直強く思った。だいたいの額は会社の同僚から聞いていたので知っていたが、、、、

一千万円を遥かに超える額がこんなに簡単に出るとは、、、、、

口座への入金までの日数は?

通常2~3日だそうです。

僕は急かしたので、24時間後位に入金がありました。

オマケ:無担保ローンは出稼ぎパイロットの間でも大人気です

特に金利の高い東南アジアのパイロットは自国での不動産購入時に現地の銀行と台湾の銀行からのローンをミックスしてリスク低減してるみたいです。

それからもし自国で信用枠ギリギリに借金していても、台湾ではそれを調べずに借金できますから【借金大好きな人】にとっては二か国から最大に借金できて最高です。

僕の日本人同僚はアメリカと日本で大家業しているので、特にアメリカのローンを一部台湾でのローンに置き換えようかなぁ~と言ってました。

この時の借金を使って、その後妻の財産証明書を発行してもらいました。違う支店で、、、、、

台湾の銀行での【財産証明書】の作り方 所変われば、人も変わるしルールも変わる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました